燕三条JCに興味のある方はこちら

委員会紹介

会員拡大委員会

基本方針

【背景】

燕三条青年会議所は、運動を通じてまちの明るい未来を創造する団体です。その使命を全うし持続可能な組織であり続けるためにも、会員拡大を継続していくことが重要です。より多くの同志が集い互いに切磋琢磨し、成長する機会が多いほどJC運動は活性化し、魅力のある青年団体としての価値を生み続けます。会員一人ひとりが在籍の魅力を見出し、会員拡大へ自覚と覚悟をもち、さらに多くの会員で溢れる燕三条青年会議所を築いていかなければなりません。

【会員拡大年間の推進】

年間拡大目標を着実に推し進めるために、多くの成長の機会があることを発信するとともに、在籍の魅力を会員一人ひとりが見出し、会員拡大へ自覚と覚悟をもつことで、会員拡大を燕三条青年会議所の基本運動へと導きます。

【新年例会(1月例会)】

一年間の燕三条青年会議所の運動ならびに会員拡大の目的を達成するために、理事長、各委員長の運動方針を共有し全会員と結束する場を創るとともに、会員拡大の決起の場とすることで、燕三条青年会議所の運動と会員拡大が力強くスタートを切れるようにします。

【会員交流事業】

会員同士がさらに切磋琢磨できる人間関係を構築するために、会員交流を通じお互いを知り、絆を深め、燕三条青年会議所の結束力をより強固にすることで、一人ひとりが魅力ある青年会議所を発信できる人材となります。

【卒業例会(12月例会)】

まちの明るい未来を創造できる団体であり続けるために、理事長や卒業生に感謝の意を表し、功績を称え卒業生の経験や想いを受け継ぐことで、一人ひとりが次年度以降もJC運動を推し進める人材になります。

【未来を見据え】

以上の運動を通じて、30人の年間拡大目標を達成するとともに、全会員に会員拡大の基本運動が根付き、切磋琢磨し合える多くの会員が溢れることで、まちや社業へより良い変化をもたらす青年に成長する学び舎として、価値を生み続ける青年団体として邁進し続けます。

会員拡大委員会 委員長 渕岡 優介

事業計画

1.新年例会(1月例会)
2.会員交流事業
3.JC誕生の日(10月例会)
4.卒業例会(12月例会)
5.会員拡大年間の推進
6.会員拡大

委員会メンバー

委員長

渕岡 優介


副委員長

齋藤 和也(19入会)


幹事

堀野 譲児


羽賀 龍二



島田 珠美


刈屋 貴裕


今野 隼斗


鹿島 澄代



外山 佳宏


佐藤 雅司


杉山 大介


執行理事

久保 大輔







トップに戻る