燕三条JCに興味のある方はこちら

施工例

【日本の精神を呼び覚ます事業(6月例会・通常総会】 を開催しました

こんにちは!

燕三条青年会議所2021年度美しい日本委員会です。

 

去る6月1日(火)に

【日本の精神を呼び覚ます事業(6月例会・通常総会)】

を開催しました。

 

新型ウイルスが燕三条地域で蔓延していることもあり、感染対策を行いながら必要最低限の人数でオンライン配信例会という形で開催させていただきました。

 

【通常総会】

川上理事長の開会宣言後、通常総会に移りました。

 

通常総会では、メンバーの満場一致の承認により、第26代理事長候補者として、齋藤久太君、次年度監事候補者に山崎晃史君、結城義博君が選出されました。

 

※画像はケンオー・ドットコム様記事(http://www.kenoh.com/2021/06/01_jc.html)より引用

 

第24代理事長知野学君、今年度理事長の川上勇太君より次年度理事長候補者齋藤久太君へ理事長の証であるプレジデンシャルリースの引き継ぎ式が行われました。

 

 

燕三条青年会議所は、2022年に記念すべき25周年を迎えます。齋藤久太君からは、周年を迎える年の理事長候補者としての決意が表明されました。

 

次年度監事候補者 山崎晃史君

 

次年度監事候補者 結城義博君

 

2022年度は齋藤次年度理事長候補者を筆頭に、引き続き、県央地域の未来を考え、よりよいまちづくりを展開できるよう日々邁進しています。地域の皆さまにおかれましては、ご指導及びお力添えのほど、よろしくお願いいたします。

 

 

【理事長挨拶】

川上理事長から、「日本人として思いやりの心を一人ひとりが持てば、必ずこの燕三条地域は良くなる。美しい日本委員会はそのための人づくりを担う委員会である。

本例会はそれを地域や市民に伝播していけるようになるための学びの場である。」とご挨拶いただきました。

 

 

【日本の精神を呼び覚ます事業】

当事業では現代に生きる我々日本人が失いつつある日本の精神、誇りを再び身に纏うため偉人達の偉業や功績を学びました。

偉人達がどのような想いで行動し、現在に生きる我々にバトンを託してきたのか、そしてそれを次世代に繋いで行くために我々自身がその想いや行動を知る必要性をメンバーに発表しました。また、配布資料として教科書形式の「先人たちから学ぶ日本の誇り」を配布させていただきました。

 

【戦前と戦後の教育】

まず、なぜ現代に生きる我々は日本人としての誇りを失いつつあるか?それをお伝えするために、戦前と戦後の教育の違いについての発表を行いました。

戦前の歴史教育には『修身』という教科があり、これは先人たちの偉業や功績を題材に日本人としての誇りを養う道徳教育でありました。

そこで、当事業ではこの『修身』をモデルに以下の3名の偉人について研究・発表を行いました。

 

【先人たちから学ぶ日本人の誇り】

委員会発表では「修身」の徳目を元に

「勤労・努力」の二宮尊徳(金次郎)

「公益・奉仕」の出光佐三(出光興産創業者)

「博愛・慈善」の宗次徳二(CoCo壱番屋創業者)

の3名を題材に、彼らの人生、想い、行動を学びました。

二宮尊徳さんは自らの努力を活かし、600以上の村々を窮乏から復興させたそうです。

発表では、ただ聞いているだけでは飽きるので、時々メンバーに考え回答していただく場面も。

 

 

映画「海賊と呼ばれた男」のモデルとしても有名な出光佐三さん。海賊というと荒々しくお金を稼ぐイメージですが、実際は部下に対して生涯一度も「金を儲けろ」とは言わなかったそうです。

 

 

最後の発表はCoCo壱番屋の創業者宗次徳二さん。幼少期の貧しかった経験から、人の喜びが自身の喜びであるという考えに至り、お客様や地域とのつながりを大事にしたことで経営が軌道に乗り出したということでした。実は、宗次さんは2012年に燕三条青年会議所にご講演に来られていたそうです!よければこちらもご覧ください。

http://www.tsubamesanjo-jc.or.jp/2012/news-topics/9%E6%9C%88%E4%BE%8B%E4%BC%9A/

 

 

【委員長総括】

加藤委員長の総括では「先人たちのように世のため人のために成し遂げた偉業はなかなか真似出来ることではない。

しかし、彼らの偉業も最初は自分が出来る小さな一歩を踏み出した結果である。その一歩を踏み出すことが大事である。先人たちの足跡を学び、日本人としての誇りを持てれば必ず自分から行動に移せるはず。」と熱い想いをメンバーに届けました。

 

まずは出来ることからコツコツと。日本人としての誇りを胸に燕三条青年会議所はこれからも地域のために実践躬行していきます!

 

 

 

美しい日本委員会 一同

 

 

燕三条青年会議所では、現在、地域の皆さまからの声を集めるアンケートを実施しています。

ご回答いただいた方から、毎月抽選でAmazonギフトカード3000円分をプレゼント!

 

アンケートはこちらから!

燕1000人みこし まちを担ごう!地域を担ごう!

残念ながら今年度も中止になってしまった「飛燕夏祭り」。

 

燕三条青年会議所では、2011年から燕三条地域の各祭りに参画しています。

地域の祭りの参加することで、まちの文化を知り、祭りを通して

関係団体や市民の方々ふれあい、共に地域を盛り上げる活動を

してまいりました。

 

燕市の「飛燕夏祭り」の魅力について全4回シリーズでお伝えしていきます。

第1回目は、「燕1000人みこし まちを担ごう!地域を担ごう!」です。

 

「飛燕夏まつり」といえば、よさこいソーランや、燕ばやし子どもの遊びの広場 と

イベント盛り沢山ですが、なんといっても、目玉は、「燕1000人みこし」です。

 

今から32年前に、燕1000人みこし実行委員会最高顧問である、高橋正行氏へ燕市から要請があり、始まりました。 名前の通り、当時は1000人で担いでいたそうです。

 

地場の産業らしく、「金みこし」「銀みこし」「鎚起みこし」があり、重さは約900キロ。

当時、燕の技術を結集して制作されました。

 

祭りの時以外は、燕三条駅・燕中央公民館に展示してありますので、是非ご覧ください。

 

本来神様を乗せて担ぐのが、みこしですが、「まち」や「地域」を担ぐことをコンセプトにしているのが、

「飛燕夏祭りです」

 

合言葉は、「まちを担ごう、地域を担ごう」

毎年若者を中心に多くの人がみこしを担ぎ、「みこし」を通じて「まち」を担ぎ、盛り上げています。

来年は開催され、多くの人が「まち」を担ぐ姿が見たいですね。

 

 

〇運営団体

燕市 産業振興部 観光振興課 観光企画係

燕1000人みこし実行委員会

 

〇燕三条青年会議所のアンケートにご協力お願い致します。

■つばさん市民の声アンケート

https://tsubamesanjo-jc.or.jp/tsubasan_questionnaire/

※毎月抽選でAmazonギフトカード3000円分をプレゼント!

受付期間:2021年 5月1日(土)~9月30日(木)

【つばさんアフター7】プロから学ぶゴルフレッスン会

皆さん、お引き取り先からゴルフに誘われたり、所属している団体でゴルフコンペなどあったりしませんか?

 

ゴルフはコースに出れば、共に汗を流し、一緒に歩きながらお話を交わすことのできる、そして外で実施されるため3密にもなりにくい、今の情勢だからこそ青年経済人にとって最適なスポーツなのです。

 

燕三条青年会議所ではこのゴルフを通じて多くの仲間と交流していただくために

【つばさんアフター7】プロから学ぶゴルフレッスン会

を5/12(水)県央ゴルフにて開催いたしました。

 

 

 

 

参加者の半数は1度もゴルフに触れたことがない人ばかりでした

 

 

参加者の約7割は初心者でボールにすら当たらない・・・ミートできない

 

そんな序盤戦・・・弱音を吐く参加者たちでしたが、、、

 

 

 

 

 

 

しかしプロからレッスン後はボールに当たってミートしてドンドン遠くに飛んでいく!

 

 

 

 

 

ゴルフの醍醐味が徐々にわかってきました。

ムチのようにぶらぶらさせれば、飛ぶ!!

 

私たち青年会議所は、まちのために日々活動していますが、こういった交流会も実施しています。

きつい、忙しいだけでなく、楽しく、ビジネスシーンにも経験が生かせる

そんな企画も準備していますので、ぜひ青年会議所で活動してみませんか?

 

また、今回のイベントでも大変多くのオブザーバーの方からご参加いただきました。

このようにお試しで青年会議所の事業に参加いただくことも可能です。
私たちはいつでも、共に活動していただける仲間を募集しております。

 

※気になる方は「お問い合わせ」からご連絡ください。

 

 

■つばさん市民の声アンケート

https://tsubamesanjo-jc.or.jp/tsubasan_questionnaire/

 

※毎月抽選でAmazonギフトカード3000円分をプレゼント!

受付期間:2021年 5月1日(土)~9月30日(木)

 

5月例会(三条祭り)を開催しました!

こんにちは。燕三条青年会議所です。

 

5月7日(金)三条東公民館にて、事務局主管による5月合同例会を開催いたしました。

 

三条市には、約200年続く、伝統ある「三条祭り」というお祭りがあります。例年、5月15日に開催されます。

 

燕三条青年会議所では、この三条祭りを「例会」と位置づけ、メンバーの意欲的な参加を呼び掛けています。本来であれば「祭りに参加する」ことが例会の一部です。例年であれば、多くのメンバーが衣装を着て、大名行列に参加します。

 

しかし、残念ながら、感染症の影響を受け、今年の三条祭りは中止となってしまいました。

 

それでも、来年以降、感染拡大状況が落ち着けば、必ずや開催される三条祭り。祭りが開催されるようになったら多くのメンバーが積極的に参加して祭りを盛り上げられるよう、本例会では、三条祭り実行委員会の役員によるトークセッションを企画し、メンバー全員が祭りに対する思いを強めることができるような設えにしました。

 

感染症対策として、会場では密を避けて感染症対策をしっかり行い、また、ZOOMとのハイブリッド開催としました。

 

トークセッションの前は、通常の例会セレモニーを行いました。

 

 

 

今月は、4名もの新入会員にご入会いただきました。個性豊かな新入会員のみなさんとこれから活動をともにすることが、今からとても楽しみです!

 

 





 

 

 

その後、トークセッションを行いました。

 

 

 

三条祭りの実行委員会組織である「若衆会」より、当会議所メンバーでもある、今井和人会長、齋藤和也副会長にお話しを伺いました。川上理事長からインタビューするような形で、お話が盛り上がりました。

 

 

 

今井会長からは、まず、三条祭りの歴史をわかりやすくお話いただきました。そして、会長として祭りに対する強い思いを込めて、三条祭りの楽しさや、三条祭りの未来について語っていただきました。

 

 

 

 

齋藤副会長からは、若衆会の一員として活動する素晴らしさを伝えたいという熱意伝わってきました。齋藤副会長のお話を聞いた当会議所の若いメンバーは、今後、きっと、若衆会で活動してくれることと思います!

 

 

 

 

また、川上理事長にも、毎年青年会議所メンバーとして三条祭りに参加している身として、自身の経験や感じたことをお話いただきました。

 

 

若衆会役員のみなさま、ありがとうございました!!

 

 

どこの地域のお祭りもそうだと思いますが、三条祭りは、年々参加者が減る傾向にあります。そんな中、2年連続で三条祭りが中止となってしまい、若衆会の役員からは、このまま祭りが忘れられたり、縮小されたりしてしまうのではないか、という危機感が感じられました。

 

地域の一員として、地域を盛り上げるのが仕事でもある我々燕三条青年会議所。来年の三条祭りでは、そんな若衆会役員の不安を吹き飛ばすように、いつも以上に三条祭りを大きく盛り上げましょう!!!

 

 

■つばさん市民の声アンケート

https://tsubamesanjo-jc.or.jp/tsubasan_questionnaire/

 

※毎月抽選でAmazonギフトカード3000円分をプレゼント!

受付期間:2021年 5月1日(土)~9月30日(木)

三条祭りの見どころ「大名行列」!

2021.4.21

5月15日(土)に開催予定の三条祭りのご紹介、第2回目です。

 

第1回目は、三条祭りの始まりについてお伝えしました。

第2回目は、「三条祭りの見どころ」です。

 

大きくは、3つあります。「大名行列」「舞込」「屋台」。特に、「大名行列」と「舞込」は祭りのメインになります。 今年は、感染防止対策の一環として、「舞込」は中止となりますが、「大名行列」と「屋台」で存分に三条祭りを味わってみてください。

 

では、「大名行列」について紹介します。

三条祭りの大名行列は、「道祖神」が行列を先導し、その後に、色々は「旗や道具」をもった人達が続きます。その後に、「囃子方の祭り囃子」が続き、第一番から第六番までの行列が続きます。

 

八幡宮を出発し、諏訪神社までの3キロのルートを折り返します。

 

大名行列では、「道祖神(天狗)」の動きにご注目ください。

約60センチある一本歯の高下駄を履いています。一歩一歩力強く、地面を踏みしめながら歩く姿は凛々しく、威厳が漂います。

道祖神に頭をなでてもらえれば、健康に育つといういわれがあり、万一道祖神がバランスを崩したり、転倒したりすると、災いが起こるといういわれもあります。

 

 

本来、大名行列の復路到着後に「舞込」があります。「舞込」とは子どもの無病息災を願い、子どもを肩車しながら、1週約150mの八幡宮の周りを3周します。その後、拝殿に入り、道祖神や神職に頭をなでてもらうことで、丈夫な子に育つといわれています。「舞込」は飛び入りで参加できますので、来年参加してみてくださいね。

 

 

凛とした大名行列を表す「静」と大いに盛り上がる舞込を表す「動」。

そんなところにも、注目いただき、「三条祭り」を是非お楽しみください。

 

 

今年度の三条祭りの情報、詳しくは若衆会サイトをご覧ください。

https://www.wakasyukai.org/

若衆会とは…三条祭りにおける大名行列を挙行するための人員確保、当日の行列組立、運行管理を行っている団体であります。

 

〇若衆会出向団体

・一般社団法人燕三条青年会議所

・三条エコノミークラブ

・建青会

「燕三条ものづくり×価値づくり」講演会(4月例会)

4月6日(火)

燕三条ものづくり×価値づくり(4月例会)事業を開催させて頂きました。

 

 

第1部では、燕三条ものづくり×価値づくりラボ講演会を行いました。

芳賀修一氏をお招きし、企業戦略の重要性、コロナ禍でも売り上げが上がっている会社の事例などご紹介して頂きました。

 

 

改めて会社の方針をブラさずに、自社の強みをいかして行きたいと思いました。

企業戦略をしっかり立てることで事業発展等に役立つとお聞きしましたので、自社に持ち帰り実践したいと思った方も多かったのでないでしょうか。

 

 

講演会が終わり、三条市、燕市の支援事業をご紹介して頂きました。

 

 

三条市、燕市共に支援事業がとても豊富で、今後の会社の発展に役立てるものが多くあります。

参加が叶わなかった方も一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

 

例会セレモニーでは、川上理事長から今年初の対外事業での心構え、方針等、これからどの様に燕三条青年会議所が活動していくのか、お話しいただきました。

 

 

 

今回の事業は入り口に過ぎません。

4月27日(火)の【燕三条ものづくり×価値づくりセミナー】では、

企業戦略作成ワークショップを行い、新たな取り組み等を発見できるよう、用意をしております。

 

 

これから先どう変わって行くのか共に学び、自社を盛り上げることで、地域を活性化していきましょう。

 

地域活性化委員会一同

2021年度「美しい日本委員会」を大紹介!

2021.4.19

こんにちは!2021年度燕三条青年会議所、美しい日本委員会です。

 

当委員会は、近年利他の精神や、地域や国を愛するといった愛国心が薄れかけている中で、建国から2681年脈々と受け継がれてきた世界でも唯一無二の美しい日本の精神を呼び覚まし、地域や国のために行動を起こせる人財を育むひとづくりを行っていこうという経緯で設立されました。

 

そのために当委員会では2021年度下記の3つの事業を展開していきます。

①【日本の精神の起源を学ぶ事業】(3月開催)

②【日本の精神を呼び覚ます事業(6月例会・通常総会】

③【日本の精神を次世代へと繋ぐ事業(10月例会・NIKSとの協働事業】

 

 

まずは去る3月に【日本の精神の起源を学ぶ事業】を開催し当青年会議所メンバーに対して自国のルーツを知ってもらい、より日本に愛着をもっていただくため、古事記や国歌、国旗などを通じ日本のルーツ・日本の文化を当委員会で研究・発表いたしました。より伝わりやすくするため、寸劇やクイズ形式を用いて分かりやすい事業構築を心掛けました。

 

 

「あっ、こんなところに因幡の白うさぎさんが倒れている!利他の心で助けなければ!」

 

 

「日本の文化は○○の元に成り立っています!さぁあなたが思う答えは何ですか??」

 

 

続いて6月に開催予定の【日本の精神を呼び覚ます事業(6月例会・通常総会】では、先人たちが培ってきた想いを受け継ぎ後世に伝えていくため、歴史上の偉人たちの偉業や功績を学び、メンバーがより日本人としての誇りを持てるような事業を展開していきます。現在美しい日本委員会で事業実施に向け、計画・準備をしているところです。

 

 

みんな真面目に会議していますね~。

もちろんZOOMも使います。

 

 

加藤委員長から委員会メンバーにサプライズプレゼントが!

 

 

会議は真面目に行いますが、楽しむところは楽しむ!そんな美しい日本委員会です。

 

 

そして10月には【日本の精神を次世代へと繋ぐ事業(10月例会・NIKSとの協働事業】を開催予定です。こちらの事業は対外事業として、講師をお呼びして地域の皆様も参加できる講演会を予定しております。10月までに学んできた日本の精神と誇りを地域の皆様にも共有し、自ら行動を起こせる人財になれるような事業を目指しています。講師についてはまだ発表できませんが、お楽しみに!!

 

 

以上の運動を通して、我々一人ひとりが日本人としての自覚と誇りを持つとともに、美しい日本の精神を次世代へと受け継いでいくことで、地域を想い能動的に行動を起こせる人財を育めるよう川上理事長率いる2021年度燕三条青年会議所、そして美しい日本委員会は邁進していきます!

 

 

2021年度燕三条青年会議所 美しい日本委員会 一同

三条の鎮守 八幡宮の春季大祭として催される 三条祭り!!

2021.4.7

本年度の三条祭りは、令和3年5月15日(土)、感染症拡大防止対策を行った上で、規模を縮小して、実施される予定です。

 

 

この三条祭りについて、全3回シリーズにて、魅力をお伝えしていきます。

 

第1回目は「三条祭りの始まり」です。

 

三条祭りは、1822年(文政5)村上藩主内藤信敦が京都所司代となったのを三条郷民が祝って10万石格式の行列を模して神輿渡御を行ったのがその始まりとされています。

 

今年は中止ですが、大名行列の後、親が、子供の無事成長を祈って2歳〜3歳の子供を肩車に乗せ、神輿、太鼓とともに八幡宮社殿を3周して拝殿に納まる「舞込(まいこみ)」は、毎年多くの観光客を集めます。

 

今年は、例年の1/3と縮小されますが、格式と伝統のある三条祭りです。

 

 

詳しくは若衆会サイトをご覧ください。

https://www.wakasyukai.org/

若衆会とは…三条祭りにおける大名行列を挙行するための人員確保、当日の行列組立、運行管理を行っている団体であります。

 

〇若衆会出向団体

・一般社団法人燕三条青年会議所

・三条エコノミークラブ

・建青会

 

「燕三条ものづくり×価値づくり」講演会のお知らせ!

2021.4.5

皆さん、こんにちは。

 

来る4月6日(火)、燕三条地場産センター リサーチコア6階研修室にて、「燕三条ものづくり×価値づくり」講演会を行います。

 

昨年からのコロナ禍はいまだ世界中で収まっておらず、この燕三条地域にも大きな影響を与えたことは言うまでもありません。

 

燕三条の主力産業であるものづくりも、取り巻く環境の変化によって影響を受け、特に製造業の下支えとなる小規模事業者はそのあおりを大きく受けています。

 

このままでは、企業活動の低迷、産業の衰退を招く恐れがあります。そこで本事業では企業支援のプロフェッショナルであるにいがた産業創造機構の芳賀修一講師を招き、市場の変化に対応した企業戦略を創出することの重要性についてご講演いただき、企業の活性化、地域の活性化へ向けて進む機会を作り出したいと考えております。

 

是非我々青年会議所メンバーと一緒に学びの時間を共有しましょう。

 

■日時 2021年4月6日(火) 18:30~20:30ごろ

(受付開始 18:00)

 

■場所 燕三条地場産業振興センター リサーチコア6階 研修室①②③

 

■対象 燕三条地域の製造業小規模事業者様

 

■参加無料

 

まだまだ申し込み可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

つばさん 市民の声アンケート開催!

2021.4.1

一般社団法人燕三条青年会議所は三条市や燕市、弥彦村など県央地域の暮らしや仕事、また子どもたちに向けた事業を毎年実施しております。
これからも地域に寄り添った団体でありたいと考え、このたび、アンケートを実施し、今後の事業実施の参考とさせていただきたいと考えております。

 

ご回答いただいた方から、毎月抽選でAmazonギフトカード3000円分をプレゼント!

 

アンケートはこちらから!

 

つばさん市民の声アンケート

 

« Older Entries


トップに戻る